フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS イベント33/戦勝パレード

<<   作成日時 : 2007/01/30 05:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

「では、現場に繋ぎましょう。現場のミラルダさん?」

「はい、ご覧下さい!この民衆の熱狂振りを。今、我らの誇りサイボーグソルジャーの方々が通ります。とても激戦と言われた戦いを潜り抜けた戦士とは思えないほどに、にこやかな笑みを浮かべています!」

「表情の固い方もいらっしゃるようですが、皆賑やかな方ですねぇ」

「えー、ちょっとはっちゃけていますが、それがフィーブルのお国柄ですから!っと、アメショーです!共和国が誇る制式採用I=D、アメショーです!それにあちらにいらっしゃる御二人は宮廷猫士の方ですね」

「うわ、凄い歓声ですね。猫族だけでなく、人族も凄い興奮だ。女性の声が多いようですが」

「宮廷猫士は猫族のエリートであるだけでなく、かわいいですから。ああ、私の家にも一人来てくれないかしら・・・」

「ミラルダさん?ミラルダさーん!(汗」

「はっ!え、えー、つまりフィーブル藩国には生まれや種族の関係なく、全ての人々に手を差し出し、共に和して行こうという」

「(ほっ)共和国の理念を、もっと幅広く実践しようとしているのですね」 

「そうです!帝國、根源種族でも、私達と手を取り合えるなら、ドンと来いですよ!砂漠の民は寛容なんです」

「(苦笑)」

「あ、皆さん、フィーブル藩王閣下です。フィーブル藩王閣下が王猫のパーカー様と共にやって参りました。幼い身ながらも、藩国の危機に率先しての出陣。そして、半ズボンから見える綺麗な御足。私、ミラルダもますます藩王閣下への想いが募るばかりです!あ、ここで先の藩王閣下の声明が入ってきたようですので、読み上げます」

『フィーブル藩国は来る者を拒まない。現国民には感謝を。これから出会うあなた方には歓迎を。共に和して、のんびりと賑やかに自由の旗を掲げよう』

「以上です。では、スタジオにマイクをお返しします!」


イラスト:おおとり、久織えにる、スピーカー、フィーブル(まとめ)
 文 : 刻生・F・悠也

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
● 目次 ●
● 国立図書館 ● ...続きを見る
フィーブル藩国/国立図書館
2007/02/06 21:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
イベント33/戦勝パレード フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる