フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS 報告書 第148号

<<   作成日時 : 2007/02/06 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


///○月××日、深夜///


 戦争の準備に追われ、慌ただしい雰囲気に包まれていたフィーブル国であったが、その中で新たに勅命が下された。
「戦時体制の移行に伴い、兵站の備蓄を確保します。新たに食糧を15万t用意してください」

それまで急変する事態についていけず、状況の把握をしようとパニックになっていた赤松遠心もここでようやく活動を再開する。

 自分に何ができるのか・・・と悩みつつ、とりあえず雑用に走り回ることにした。


///○月△△日、役所///


「にゃにゃ、ちょうどいい所に。農業組合に行って、詳しい備蓄量と生産状況を確かめてきてくれにゃ」
食糧増産に関する対策本部が設置された役所に訪れた赤松遠心。先輩吏族の猫士と目があった瞬間にお役目を言い渡された。
(目の泳ぎ具合で、仕事のない人は一目でわかるにゃ♪)


///○月△△日、農業本部///


「え、役所の人ですか?・・・備蓄の確認と新たに生産できる量ですね。ちょっと待ってください」
農業組合は食糧増産が通達されとことで、人でごったがえしていた。国民になって日の浅い赤松遠心は、迷った挙句に受付に突撃した。
・・・
「おぉ!あなたは、先日、新たに入国された赤松遠心さんでしたな。お待たせしました。それではこの書類をいただきたい」
応接室に通された赤松遠心は、そこで初めて会うはずの組合長さんが自分のことを知っていたのに驚いた。
「はは、まあうちは小所帯ですからな、みんなで一つの家族のようなものだ。それに、あなたは前回行われた【ケーキ対決】に審査員として参加していたじゃあないか」
なんでも農業組合はあの時、後援として協力していたそうである。
「でかあささんの暴走(思いつき?)により始まった」などと戯言屋さん達から話を聞いていたが。それにしても、準備期間もまともになかったあのお祭りで組合が、いや国全体がすばやく連携できていたということに(これはけっこう、凄い事なんじゃないか!?)と思った。改めてこの国の結束力の高さを見せ付けられる思いがする。

「ま、戦争などというもんは長らくやっておらんかったが・・・それでもなかったわけじゃない。〜軍が出来てからは国民が直接戦うなんてことこそ絶えてしまったが、最初の頃は私達も金に目がくらんだ外物どもとそれこそスコップを振りまして戦っていたものだ〜 こういう話を親から聞いて育ってきたやつばかりだよ。【やるからには勝つ】その積み重ねがこの国を形作ってきたのだから。大丈夫、今回も勝つだろうよ。あんたにも期待してるおるよ」
思いがけず、この国の歴史を聞く事になった。自分が期待されていることを知り、体のどこからか力が漲ってくるのを感じた。
「うむ!肩から力が抜けたようですな。話がそれておりましたが本題に入るとしますか」
そう言われて初めて自分がひどく緊張していたことに気がつき、またリラックスできていることを実感した。
思わず組合長さんをみると穏やかに笑っていた。束の間、目を閉じ、空回りばかりしていた自分を恥じ、支えてくれている人がいることに感謝を捧げた・・・
「ええ、お願いします!」

「まず、農産物についてだがちょうど、収穫期に入っているものがある。現在、急いで収穫に入っている。後で、役所の方に書類を回す。一応、この書類にも予想高を書いておいた。まだ、もう少しかかりそうだが、この他にも収穫できるやつがある。そっちは、追って報告するようにする。
 漁業については、すべての船を出してもらっておるそうだが、詳しいことは漁業組合にいってもらわないと分からんな。漁場組合は港にあるから後で行ってみたほうがいい 後は・・・」
コンコン、扉が叩かれる音。なにやらテンションが高い女性が入ってきた。組合長に緊急の連絡が入ったようだ。
「・・・ビックニュースだ。在庫確認をしたところ、+修正が入ることになりそうだ。ま、これは微々たるものだが。・・・こっちが本命だ。廃棄された保管庫で結構な量の非常食糧が見つかった。どのくらいになるかは調査中だ。確認できしだい取り急ぎ、書類を回そう」
「それは本当ですか!すごいことじゃないですか。助かりますよ!」
どうも移転の際に手違いがあって、一部を移動させてなかったようだ。調べたところ、質はだいぶ落ちているが加工すれば食べれないこともないらしい。
幸先がいいと思った。これならなんとかなるのではないかと・・・。
この後、テンションが急激に上がった私達は30分ほど話し込み、自分は報告のため役所に戻った。


///報告書///


農業組合から農産物に関する報告をまとめます。
・新規の収穫分          2万t

・未計上の農産物
・ 〃  非常食          1万t

                 計 3万t
を新たに計上します。
※詳細は別紙に記載

赤松遠心

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
● 目次 ●
● 国立図書館 ● ...続きを見る
フィーブル藩国/国立図書館
2007/02/06 21:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
報告書 第148号 フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる