フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS I=D白兵

<<   作成日時 : 2007/06/30 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SS
「狭いなぁ」
「狭いですねぇ」
(zzz)
「暗いなぁ」
「暗いですねぇ」
(zzz)
「…戦いたくないですよね」
「そうもいかないでしょう」
(zzz)
「アドニスさん、この状況下でよく眠れるよね」
「まったくです」
「・・・戦闘中に緊張感の欠片も無い点では、お二人とも変わりません!」
「『ごめんなさい』」

 そんな呑気な会話を交わしているが、現在、久織えにる、戯言屋、アドニスの3人が搭乗するアメショーは、彼らの言う通りに狭いダンジョン内で戦闘中だったりする。

 目の前の「 敵 」はこちらを殲滅せんとこちらに迫ってきている状況での、この会話である。足元に居る歩兵のスピーカーでなくとも、呆れると言うものだ。

 だが、そんな緊張感のない彼らだが、操るアメショーの動きは澱みがない。それもその筈。かのアメショーは共和国で最も長く使われた機体であり、それゆえ機体特性や癖などは皆が知り尽くしている。

 その動きは猫のようにしなやかである。コパイロットがまんま猫であるだけのことはある。

 アメショーの敏捷性を活かし、一撃離脱を繰り返す。

 崩れ落ちていく「 敵 」。アメショー、未だその武勇に衰えは無し。

 作戦
・アメショーの機動性を生かして一撃離脱を繰り返す
・コパイが猫アイドレスを含むので、猫のようなしなやかな動きをする
・アメショーは共和国で長期間使われ、その特徴は把握済み
・歩兵と協力し、視界を確保。補い合う
・敵の死角に常に立つようにする
・生物相手には、足や手などの攻撃に使う部位を優先的に狙い、無力化する



イラスト
画像


参戦者RP

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
I=D白兵 フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる