フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS 虹ができたわけ

<<   作成日時 : 2007/11/20 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



フィーブル@フィーブル藩国:
 こんばんは〜


平 祥子@リワマヒ国:
 こんばんは


芝村:
 こんばんは
 はい。記事をどうぞ。


フィーブル@フィーブル藩国:
 記事は確認の返信で良いのでしょうか?

【予約者の名前】1600316:フィーブル
【実施予定日時】2007年11月20日 20:00〜21:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間)10マイル
【召喚ACE】
 ・:小村佳々子:フィーブル藩国滞在:消費0マイル
 ・:自由号:フィーブル藩国滞在:消費0マイル
【合計消費マイル】計10マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・1600316:フィーブル:フィーブル藩国:仮入学(既):消費5マイル
 ・3400669:平 祥子:リワマヒ国:仮入学(初):消費5マイル


平 祥子@リワマヒ国:
 場所はこちらになります
 http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=412&reno=278&oya=278&mode=msgview


芝村:
 OK.イベントはどうしますか?


フィーブル@フィーブル藩国:
 下校で御願いします


芝村:
 はい。2分ほどお待ちください


フィーブル@フィーブル藩国:
 はい


平 祥子@リワマヒ国:
 はい



/*/


芝村:
 下校の鐘が鳴っています。
 もうみんな、帰り始めているね。


平 祥子@リワマヒ国:
「小村さんと自由号はどこですかねー?」


フィーブル@フィーブル藩国:
「今日は一緒に帰る約束をしてるんでしたね」


芝村:
 自由号は直ぐ見えるね。
 校庭にいる。

 イイコは……あ。肩に乗ってる。


平 祥子@リワマヒ国:
 さすが自由号、大きい


フィーブル@フィーブル藩国:
(や、やっぱり登下校に使うには無理のあるサイズですね〜(汗))

 イイコさんに手を振ります


平 祥子@リワマヒ国:
「小村さーん、一緒に帰りませんかー?」


イイコ:
「はーい」


芝村:
 自由号は降ろした。


イイコ:
「帰りましょうか。この子も」


平 祥子@リワマヒ国:
「ええ、自由号も一緒に」


フィーブル@フィーブル藩国:
「ええ、こうやってゆっくりできるのも久しぶりですしね」


芝村:
 自由号は手をだした。
 乗れというらしい。


フィーブル@フィーブル藩国:
「ありがとう、イカズチ」
(手に乗ります)


平 祥子@リワマヒ国:
「自由号、ありがとう。」>乗ります


芝村:
 自由号はゆっくり歩き始めた。
 20歩で家に着いた。

 ゲーム終了の予感。


 ※広島ゲームでの自由号の歩行速度は180km/h。
  凡そ1歩5m。つまり家まで100mくらいらしい。

イイコ:
「はやいですね。さすがに」


フィーブル@フィーブル藩国:
(整備が必要無いというのはそれはそれで寂しいもの…)


平 祥子@リワマヒ国:
 早っ


フィーブル@フィーブル藩国:
「はやっ!」


平 祥子@リワマヒ国:
「あー少し寄り道してみますか?」


イイコ:
「そ、そうですね。どちらに?」


平 祥子@リワマヒ国:
「喫茶店で甘いものでも食べてみるのはどうでしょう。
 ラブ焼きというのがなかなかおいしいと聞いたんですけど」


フィーブル@フィーブル藩国:
(今日は休息ですよという視線をイカズチに)


イイコ:
「それはきっと、屋台ですね」


芝村:
 自由号は3歩歩いて喫茶店の前にいる。


平 祥子@リワマヒ国:
「あぁ、そうだったんですね」>屋台

「ごめん、自由号。屋台だったみたい」


芝村:
 自由号は困ってる。
 今日は屋台が出ていない。


平 祥子@リワマヒ国:
 あらら>出てない


フィーブル@フィーブル藩国:
「ぼーっとしててもしょうがないですし、入りましょうか〜」


平 祥子@リワマヒ国:
「えーと、今日は屋台ないみたいですね。みんな喫茶店でもかまいませんか?」


芝村:
 自由号はゆっくりと降ろした。


イイコ:
「そうですね」


フィーブル@フィーブル藩国:
「ありがとう〜」(見上げつつ)


芝村:
 喫茶店に入った。


平 祥子@リワマヒ国:
「ありがとう、自由号」


芝村:
 中々雰囲気がいい。


平 祥子@リワマヒ国:
「じゃ早速注文しますか。何にします?」


芝村:
 明るいところだ。自然光が入っている。


フィーブル@フィーブル藩国:
「雰囲気がやわらかくていいところですね〜」


イイコ:
「そうですね」
 イイコはのびーした。


フィーブル@フィーブル藩国:
(メニューのデザートに目をキラキラ)


芝村:
 ヘビイチゴのジュース、そして豆腐ケーキ。


フィーブル@フィーブル藩国:
 お茶のセットもあったりしますか?


平 祥子@リワマヒ国:
 パフェみたいなものはありますか?


芝村:
 ありますね。6にゃんにゃんでセット。
 パフェはバケツというのが10にゃんにゃんだ。


 ※1にゃんにゃんの価値は1ドルくらいらしい?

フィーブル@フィーブル藩国:
(なかなかリーズナブル?ですね〜)

「バ、バケツを頼むしかッ!」


平 祥子@リワマヒ国:
「バケツ…いっとくべきですかね…」


イイコ:
「食べ物にバケツって・・・」


芝村:
 でも興味ありそうだ。


平 祥子@リワマヒ国:
「とりあえず1つ頼んでみて、みんなで分けてみるのはどうでしょう。ちょっとくらい多くても大丈夫なはず」>バケツ


フィーブル@フィーブル藩国:
「すいませ〜ん、注文御願いします〜」(暴走気味)


店員:
「はーい」


フィーブル@フィーブル藩国:
(バケツパフェと紅茶を頼みます)


芝村:
 イイコはコーヒーを頼んだ。


平 祥子@リワマヒ国:
 では私はヘビイチゴのジュースを頼みます


芝村:
 しばらくして、直径20cm、高さ30cmのヤツが来た


平 祥子@リワマヒ国:
「まさにバケツ…」


フィーブル@フィーブル藩国:
「これが伝説のバケツパフェなのですね〜!」


イイコ:
「えー」


芝村:
 自由号が窓の外で動いている。


フィーブル@フィーブル藩国:
「う、うーん、イカズチにも見せたいけど、持って行くのは…」


平 祥子@リワマヒ国:
「表に持ち出すのはちょっとまずいですかねぇ」


イイコ:
「えっと。持ち帰れるか、聞いてみましょうか」


フィーブル@フィーブル藩国:
「それがいいですね!」


平 祥子@リワマヒ国:
「そうですね。聞いてみましょう」
 店員さんを呼んでお持ち帰りできるか聞いてみます。


芝村:
 器を後で返せばいいと、特別に許可を貰いました。
 ついでに飲み物を紙コップに入れてくれるよ。


フィーブル@フィーブル藩国:
「言ってみるものですね〜」


平 祥子@リワマヒ国:
「店員さん、ありがとうございます」


フィーブル@フィーブル藩国:
「ありがとうございます〜」


イイコ:
「自由号、ほら」


芝村:
 自由号はカメラにバケツパフェを映している。


フィーブル@フィーブル藩国:
(どんな反応をするのかドキドキです)


平 祥子@リワマヒ国:
「自由号もバケツパフェは始めてですか?」


芝村:
 自由号の目が光った。

 イイコは笑った。


フィーブル@フィーブル藩国:
 イイコと自由号を見て微笑みます。


平 祥子@リワマヒ国:
 自分もにっこり笑います。


芝村:
 自由号は手を出したよ。
 ゆっくりと。


フィーブル@フィーブル藩国:
「じゃあ、イカズチの上で食べましょう〜」(よじよじ)


平 祥子@リワマヒ国:
「ありがとう」>乗ります

「高いから景色いいですね」>自由号の上


芝村:
 自由号は立ち上がった。


イイコ:
「眺めのいいところにいきましょうか」


フィーブル@フィーブル藩国:
「はい〜」


平 祥子@リワマヒ国:
「いいですねー、いきましょう」


芝村:
 自由号は岬まで歩いた。
 隣の島が見えるよ。


平 祥子@リワマヒ国:
 母島ですか?>隣の島


芝村:
 ええ


フィーブル@フィーブル藩国:
 今の時刻はいつぐらいですか?


芝村:
 4時頃だね。
 まだ日は高い。


フィーブル@フィーブル藩国:
「海が綺麗ですね〜」


平 祥子@リワマヒ国:
「いい景色ですねー。」


イイコ:
「パフェ、食べて見ましょうか」


フィーブル@フィーブル藩国:
「この青いっぱいの風景って素敵ですよね」

「はい!」


平 祥子@リワマヒ国:
「そうですね。食べましょう」


イイコ:
「せえの、で、食べましょうか」


平 祥子@リワマヒ国:
「いいですよー。じゃ、いきましょうか」


フィーブル@フィーブル藩国:
「はい〜」


平 祥子@リワマヒ国:
「いきますよー。 せえの」


芝村:
 せえの









 全員が尻尾までしびれて倒れた。
 不味かった。


平 祥子@リワマヒ国:
「こっこれは…(汗)」


フィーブル@フィーブル藩国:
「…ショ…ショックです(涙)」
(紅茶を飲みます)


イイコ:
「う、上だけはまだ・・・なんとか」


フィーブル@フィーブル藩国:
「で、でも私は食べてみせますッ」


平 祥子@リワマヒ国:
「うぅ、パフェ言い出したの自分ですし、私もがんばります。」


平 祥子@リワマヒ国:
 ヘビイチゴのジュースで口直ししながらがんばって食べます。


芝村:
 下のほうが、重みでつぶれないように強力なパンケーキでうまってるんだが、これがまたまずい。
 パサパサして重く。甘すぎる。


フィーブル@フィーブル藩国:
「乾いたカステラみたいですね(汗)」


イイコ:
「そ、そうですね」


芝村:
 自由号はカメラだけ動かしてパフェを見ている。


平 祥子@リワマヒ国:
「飲み物と合わせれば何とか…」


芝村:
 イイコは苦そうにコーヒーを飲んでいる。


フィーブル@フィーブル藩国:
「イカズチはもし作る事があったら、ちゃんと美味しいの作らないと駄目だよ!」


平 祥子@リワマヒ国:
 ジュースの方は味は普通でしょうか?

「自由号、学習して他の人が同じミスしないように助けてあげてくださいね」


芝村:
 ヘビイチゴはうまいね。すっぱい。

 自由号は喫茶店に照準を合わせた。


平 祥子@リワマヒ国:
「小村さん、コーヒー苦いようでしたらこっちのジュースどうぞ。おいしいですよ」


フィーブル@フィーブル藩国:
「な、何をする気〜!?」


平 祥子@リワマヒ国:
「いや、撃っちゃダメですよ。自由号」


イイコ:
「い、いいえ。いいんです。コーヒー、好きだから」


平 祥子@リワマヒ国:
「そうですか。あ、パフェのパンケーキを浮かせて見たらどうです?パサパサも甘すぎも解決するかも」


芝村:
 自由号はレーザーエネルギーを溜め始めた。

 イイコは浮かべてみた。
 なんかもう最終兵器の予感。


フィーブル@フィーブル藩国:
「ストップ!ストーップ!です!」


芝村:
 イイコ、泣きそう。


平 祥子@リワマヒ国:
「自由号、ストップストップ!」


フィーブル@フィーブル藩国:
「イイコさん無理しなくても…(汗)」


芝村:
 イイコは飲んだ。


平 祥子@リワマヒ国:
「う、ごめんなさい。がんばってやっつけますから、ジュースと交換してもらえませんか」


芝村:
 倒れた。


フィーブル@フィーブル藩国:
「あー!?」
(取り敢えず落ちそうなら支えます)


芝村:
 自由号はレーザーを撃ってはいけないのかという感じだ。


平 祥子@リワマヒ国:
「わー、小村さん。しっかり」


フィーブル@フィーブル藩国:
「めー!」>自由号


平 祥子@リワマヒ国:
「レーザーもドリルもダメー」


フィーブル@フィーブル藩国:

「良い事考えました!」
「全く関係ないですけど、海に向かって放水してみてください! 虹が出るかも!」


芝村:
 イイコはフィーブルを見た。
 そして笑った。


イイコ:
「そうですね」


平 祥子@リワマヒ国:
「虹ですか。いいですね。」


フィーブル@フィーブル藩国:
「きっと苦いのも美味しく無いのも忘れちゃうと思います」


芝村:
 自由号はなんの解決になるのか考えながら、虹を作りました。



/*/


芝村:
 はい。時間です。お疲れ様でした。


平 祥子@リワマヒ国:
 お疲れ様でしたー


フィーブル@フィーブル藩国:
 あー、ごめんなさい、刻生さん(汗)

 御疲れ様でした〜


平 祥子@リワマヒ国:
 伝言伝えられませんでしたね。


フィーブル@フィーブル藩国:
 やっぱり自分の口で伝えないといけないと言う神の御告げ…(違う)


芝村:
 ははは


フィーブル@フィーブル藩国:
 自由号を呼んだので、どうなるかとハラハラしましたけど、平和に終わってよかったです


芝村:
 ははは


平 祥子@リワマヒ国:
 まさかバケツパフェ味が予想外でした。
 まさかしびれるほどまずいとは…


芝村:
 まあ。大きさ勝負の色物だね。

 評価は+1+1でした。
 秘宝館には1・1でたのめます。


フィーブル@フィーブル藩国:
 えーと、イイコ、自由号双方2人とも+1+1という事でしょうか〜?


芝村:
 ええ


平 祥子@リワマヒ国:
 よかった、最後の方あれだったので困らせたかと。>+1+1


フィーブル@フィーブル藩国:
 自由号に感情が!?!?!?


芝村:
 秘宝館には1・1で依頼出来ます


平 祥子@リワマヒ国:
 自由号個人エース計画に光がっ


フィーブル@フィーブル藩国:
 はい


平 祥子@リワマヒ国:
 はい>秘法館


芝村:
 では、解散しましょう。お疲れ様でしたー


平 祥子@リワマヒ国:
 あ、芝村さん。メッセ登録させていただいてもよろしいでしょうか?


フィーブル@フィーブル藩国:
 ありがとうございました!


芝村:
 ではー


平 祥子@リワマヒ国:
 ありがとうございました。



芝村 が会話から退席しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
虹ができたわけ フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる