フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS デートと仕事、遊園地と図書館

<<   作成日時 : 2008/04/01 02:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<編集:一部の発言順を読みやすいように並べ替えました>
<編集:一部の連続した発言をひとつにまとめて、一部の誤字を直しました>



戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 芝村さん、こんばんはー。
 小笠原ゲームを遊びに来ました戯言屋です。

芝村 の発言:
 記事どうぞ

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 はい。記事はこちらになります。
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=1782&reno=1743&oya=1743&mode=msgview

【予約者の名前】1600307:戯言屋:フィーブル藩国
【実施予定日時】2008年3月31日/開始22:00〜24:00終了予定
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・ミニイベント(2時間):(デートチケット使用)+20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(デートチケット使用)
【召喚ACE】(※生活ゲームのみ)
 ・八重咲桜子:藩国滞在:0マイル
【参加プレイヤーの食糧消費】0マイル×1人(デートチケット使用)
【合計消費マイル】計20マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・1600307:戯言屋:フィーブル藩国:仮入学(既):20マイル

デートチケット1枚を消費

芝村 の発言:
 お。かしこい。
 イベントは?

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 2時間ゲームって初めてなんですが、1時間ごとにイベント内容を指定できますか?
 指定できる場合は、とりあえず遊園地で遊ぶを、
 指定できない場合は、天領図書館で情報収集をお願いしますー
 着用アイドレスは、西国人+サイボーグ+歩兵+ハッカー+吏族 になります。

芝村 の発言:
 ええ。1時間ごとに指定できます。

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 では、1時間目は遊園地でお願いしますー

芝村 の発言:
 2分待ってね

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 はいー

/*/

芝村:
 ここは遊園地の入り口だ。
 桜子は弟を連れて立っている。

戯言屋:
 「八重咲さん、こんにちはー。おや、弟さんですか?」

桜子:
 「はい」


芝村:
 太一は桜子につれられて、貴方を見ている。

戯言屋:
 Q:ここはどの藩国で、時刻はいつ頃ですか?

芝村:
 A:ここは黒麒麟藩国で、時刻は昼だ

戯言屋:
 #チィ。なんかハメられた気分(笑)>黒麒麟

戯言屋:
 「初めまして。戯言屋といいます。こんにちはー」
  とりあえず視線を合わせて、挨拶します。

芝村:
 弟は桜子に隠れた

戯言屋:
 「おっと、失礼しました。やっぱり知らない人と会話するのは、まだ怖いですよね」
 「まあ、今は遊ぶしかやらない予定なので、楽しんで下さいね?」
  にっこり笑います。

桜子:
 「はい」


戯言屋:
 八重咲さんに耳の蟲で会話します。

戯言屋:
 <ええと、最近のアイドレスの流れとか、知ってますか?>
  八重咲さんの表情を確認しておきます。

桜子:
 <ええ? それが?>


戯言屋:
 <いえ。単にちょっと危険があるかもなので、というだけです。以上>

桜子:
 <まあ、でも、いいと思います>


戯言屋:
 「じゃあ、行きましょうか。いやー、遊園地なんてリアルじゃ何年も行ってないからなあ」
  二人の表情を確認します。

芝村:
 桜子はにこにこ笑っている。
 太一は隠れてる

戯言屋:
 とりあえず、遊園地に入りますー

芝村:
 遊園地はのんびりしたものだ。

芝村:
 感覚5

戯言屋:
 Q:燃料とマイルのレートはいくつですか?

芝村:
 A:30

戯言屋:
 感覚3です。燃料消費なし。

芝村:
 −2 20%
 ダイスロール

戯言屋:
 1d100

芝村:
 [mihaDice] 戯言屋@フィーブル藩国 : 1d100 -> 8 = 8

芝村:
 成功した
 誰かに監視されている

戯言屋:
 <八重咲さん、気付いてますか?>

戯言屋:
 「さて、何に乗りましょうかー。遊園地なんて滅多に来ないもんなあ。
  乗りたいものとか、二人はありますか?」

桜子:
 「私は小さい子も乗れるのがいいです」


戯言屋:
 「確か、ええと太一くん、で良かったかな? なにか乗りたいものはありますか?」

芝村:
 太一は隠れている

桜子:
 「メリーゴーランドへ」


戯言屋:
 「うん。じゃあ、そうしましょうか」
  にっこり笑って、メリーゴーランドに向かいます。

戯言屋:
 Q:情報戦で、監視カメラハッキングして監視者を確認する難易はいくつになりますか?

芝村 の発言:
 A:20

戯言屋:
 #チィ。足りないなあ。

芝村:
 メリーゴーランドは楽しげに廻ってるが人がいない

戯言屋:
 「へえー。今日は空いてるんですねえ」

桜子:
 「そうですね」


戯言屋:
 ネットで軽く、今日なぜ空いているか調べます。

芝村:
 平日だからさ

戯言屋:
 #大規模なひっかけかなにかかと思いました(笑)

戯言屋:
 「じゃあ乗りましょうか。いやあ、実はメリーゴーランドって乗ったことないんですよねー」

桜子:
 「男の人ならそうですよね」


芝村:
 桜子は弟乗せて廻ってる。楽しそうだ

戯言屋:
 太一君の表情を確認します。

芝村:
 太一はうつむいてる

戯言屋:
 <八重咲さん、太一くんって、人見知りするほうなんですか?>

桜子:
 「人ににらまれるの嫌いなんです」


戯言屋:
 <にらまれる、ですか? 見られる、とかじゃなくて?>

桜子:
 「そう言う風にみえるんです。あの子には」


戯言屋:
 <了解しました。気を付けます>

戯言屋:
 というわけで、メリーゴーランドを堪能します。

桜子:
 <狙撃兵いますね>


戯言屋:
 <外交問題を発生させる、とかですか?>

桜子:
 <私を殺しても意味はないでしょうね>


戯言屋:
 <ふうん。まあ、とりあえず二人が巻き込まれないように気を付けますね>

戯言屋:
 Q:今回、黒麒麟の遊園地を指定したのはランダムですか?
  それとも指定した人物がいますか? いる場合は誰ですか?

芝村:
 A:ランダムだ

戯言屋:
 #嘘っぽいー!(笑)

戯言屋:
 メリーゴーランドから降りますー 終わりましたか?

芝村:
 ええ。降りれたよ。
 桜子は上機嫌だ。

戯言屋:
 「なかなか面白かったですね?」
  にっこり笑います。

戯言屋:
 (というか、間違って二人を狙撃するなよ……?)

戯言屋:
 「じゃあ、次はお化け屋敷か、観覧車とかどうですか?」

桜子:
 「いいですね。観覧車」


桜子:
 <きっと狙撃してきますよ>


戯言屋:
 <ふむ。狙撃を考えての観覧車だったんですが、危険ですか?>

桜子:
 <いいんじゃないですか? 撃たれなければわからないこともあります>


戯言屋:
 <うーん。そうですねえ。撃たれた時は、敵の位置の把握と通報、すみませんがお願いしますー>

戯言屋:
 「観覧車かあ。それもリアルじゃ数年乗ってないなあ。二人は乗ったことあるんですか?」

桜子:
 「私は、小さい頃から大好きです」


戯言屋:
 「へえ、それは良かったー」

桜子:
 「太一も好きになるといいな」


戯言屋:
 「ですね。うんうん。じゃあ、行きましょうか」

戯言屋:
 #さてさて……(笑)

芝村:
 ゆっくりと観覧車が動き始めた。

戯言屋:
 二人とは向かいになるよう座ります。

芝村 の発言:
 はい

桜子:
 「なんで私たちを狙うんでしょうね?」


戯言屋:
 「ここで問題が起こして、それを誰かのせいにするとか?」
 「多分、場所が場所だけに黒麒麟側の動きだと思いますから、その線でしょう」

桜子:
 「例えば、誰に?」


戯言屋:
 「うーん。黒麒麟のせいにして、外交問題を起こさせる、というのは? ああ、それだと変か」

桜子:
 「セプテントリオンはいませんから、それ以外で」


戯言屋:
 「セブンスフリー。宰相府」
 「ああ、宰相府あたりはちょうどいいかも。レムーリアいくから、共和国天領とはやりあいたくないはずです」
 「で、共和国天領と、テラの共和国で問題を起こしたように見せる、とか」

桜子:
 「残念ながら、あのおじいちゃんはそういうことはしないでしょうね・・・」


戯言屋:
 「おや。なるほど。へえー」
 「となると、セブンスフリーかな? 今まで表立って動いてないですし」

桜子:
 「私たちを撃ったらどんな得が?」


戯言屋:
 「んー。単純に共和国内乱を起こそうとしている、という線は?」

桜子:
 「起こしたら第7世界人が活躍しますよ」


戯言屋:
 あ、ネットで連絡。SISに。

芝村:
 ISSね

戯言屋:
 あ、そうそう。

桜子:
 「敵に塩をおくるのは、最近ではないでしょうね」


戯言屋:
 「んー? となると別の勢力ですか?」
 「黒麒麟以外の、黒麒麟と仲の悪い共和国天領という点は?」

芝村:
 桜子はぼんやりと窓を見てる

桜子:
 「そうですね。あるとすればそれくらいかな・・・」
 「綺麗・・・」


戯言屋:
 「……まあ、ここで撃たれれば、ある意味敵がはっきりするわけですが……」

桜子:
 「ええ」


戯言屋:
 「あ、太一くん。危険かも知れませんので、もし自分に何かあったらお姉ちゃんのこと守って下さいね?」

芝村:
 太一は黙ってるがうなずいた。

戯言屋:
 「……ところで、八重咲さん達が撃たれる可能性は?」
 「正直、巻き添えが一番心配というか」

桜子:
 「言いませんでしたっけ」
 「私は戦争が大好きな戦闘プレイヤーです」


戯言屋:
 Q:ここから狙撃できる点を絞って、監視カメラでハッキングして相手を捜す難易は?

芝村:
 A:15

戯言屋:
 情報戦で監視カメラで相手を探します。
 評価値15。電子妖精使用。使えるなら耳の蟲も。
 燃料消費はありません。

芝村:
 50% ダイスロール

戯言屋:
 1d100

芝村 のアドイン "mihaDice" の発言:
 [mihaDice] 戯言屋@フィーブル藩国 : 1d100 -> 84 = 84

芝村:
 失敗した。
 敵はいない!

戯言屋:
 「敵がいない……?」
  二人をしゃがませます。

芝村:
 #敵はいないと貴方は確信してるから、そう言う行動はしないね。

戯言屋:
 #あ、なるほど?

芝村:
 貴方は大丈夫そうだとのんきに言った。

芝村:
 桜子はそうですねと窓から外を見てる。

芝村:
 がくんと、身が揺れた

戯言屋:
 「……!」

芝村:
 2

芝村:
 1

戯言屋:
 とりあえず、死角になりそうな場所へ倒れます。

芝村:
 0

桜子:
 「一周まわっちゃいましたね」


芝村:
 桜子はくすりと笑った。

戯言屋:
 「……あれー?」

戯言屋:
 Q:自分、撃たれたりしてます?

芝村:
 A:いいえ。ありゃ彼女の冗談だ

戯言屋:
 周囲を警戒します。ってなにー!(笑)

戯言屋:
 「じーっ」

桜子:
 「?」
  罪のない笑顔だ


戯言屋:
 <どこまで冗談か言いなさい。怒りませんから。狙撃兵からですか?>
 <もー! だまされたー! くやしー!>

桜子:
 <狙撃兵はほんとですね>


芝村:
 桜子はくすくす笑った。

桜子:
 「私はアイスクリームが食べたいです」


戯言屋:
 「……はい。じゃあ付き合いますよ。奢りますー!」
  周囲を警戒しますー

桜子:
 「大丈夫ですよ。守られてるみたいですから」


芝村:
 桜子はそういった。

/*/

芝村 の発言:
 はい。1時間目終了です

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 お疲れ様でしたー!(笑)

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 ええと、とりあえずどういう冗談だったのか、念のため教えて下さい(笑)

芝村 の発言:
 撃たれた真似しただけさ

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 ああ、八重咲さんが撃たれた(真似)ですか。なるほどー
 ……自分が撃たれたのかと(笑)

芝村 の発言:
 2ゲーム目はどうする?

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 天領図書館で情報収集を。

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 あ、そうだ。

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 Q:今この場でr:して、
  設定プレイヤーに対するフィーブル新聞社の情報ブロックは出来ますか?

芝村 の発言:
 A:ええ

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 r:国民番号保管所(http://wiki.fdiary.net/IdressNo/)に名前のないアイドレスプレイヤーは、
  フィーブル新聞社の記事を読むとき 、一部の情報はテンダイスの記事と同じようにブロックされ、
  またこの記述も読めないようにします。

芝村 の発言:
 通った

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 よし♪

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 次は、天領図書館で情報収集をお願いしますー

芝村 の発言:
 はい。2分待ってね

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 はいー

/*/

芝村:
 ここは天領図書館だ
 妙に人が多い

戯言屋:
 八重咲さんの姿を確認しますー

芝村:
 桜子は隣にいるね

戯言屋:
 太一くんは?

芝村:
 いないね
 七海はいるね

戯言屋:
 l:会話ロール=蟲の耳を使って他の人に聞かれないようにします

芝村:
 通った

戯言屋:
 「ここでは戦争が起きた場合と、戦争を止める場合の情報収集をしようかと思いまして
  ……って、七海ちゃん!?」

戯言屋:
 「うわ、どうしたの? 久しぶりー。春休みはどうですか?」
  にっこり笑います。

七海:
 「もー。だめだよこんなところに来たら」


戯言屋:
 「あー、やっぱり危なそうですか?」

七海:
 「最高に」
 「まあ、いいか」


桜子:
 「ごめんね」


戯言屋:
 「ええ。いいんですよ。危険ということが分かれば、それで他のプレイヤーさんに情報行きますし」
 「二人は自分と違って自分のことは守れると思いますから」

七海:
 「死ぬ時は死ぬよ」


戯言屋:
 「……うーん。そうですか。じゃあ、みんな生き残る方向で」

戯言屋:
 「……誰か被害に遭えば、それで敵が分かるかも、と言ってる人もいたんですけどねえ……」
  じーっ、と八重咲さんを見ます。

桜子:
 「私はそうですね」


七海:
 「いつも言ってるよ」


戯言屋:
 「……ははは。そうですか」
 「じゃあ、さっさと終わらせましょうか。早く終わればマイルも少なくて済みますし」

芝村:
 桜子はくすっと笑った

戯言屋:
 「とりあえず、アイドレス世界にある迷宮の場所の把握がしたいんです。
  微妙に盲点だと思いますし、天領なら侵攻ルートとして迷宮を使うかもなので」

戯言屋:
 「まあ、戦争が起きた場合の対処ですね」

戯言屋:
 「もうひとつは、戦争を止める場合の情報収集。黒麒麟に非があれば容疑も怪しくなるから、
 黒麒麟の研究所関係で怪しい事件や不正とかがないか、過去の新聞などで調べます。
 ついでにさっきの狙撃相手が誰なのかとかも調べたいところですが……」

芝村:
 迷宮を探すには難易20
 修正3で17 知識だ

戯言屋:
 f:前に迷宮関係で調べたことがある=迷宮関係について調べるのは多少簡単に

芝村:
 通った 評価は3
 今の難易は14だ

戯言屋:
 「というわけで、その……大変地味なゲームで申し訳ないんですが、お手伝い、お願い出来ますか?」
 「思ったより全然評価値が足りないー!(涙)」

芝村:
 七海はすぐに調べてきたよ
 桜子は笑ってる

戯言屋:
 「わ。ありがとうー!」

戯言屋:
 Q:サイボーグハッカーの能力、或いは耳の蟲など使って、内容を記録できますか?

芝村:
 A:ええ

戯言屋:
 記録しますー

戯言屋:
 これで、アイドレス世界の迷宮の出現箇所は把握できましたよね?

芝村:
 A:迷宮は広島迷宮だけみたいだね。NWでは

戯言屋:
 Q:侵攻ルートで使えそうな場所とかは?

芝村:
 A:なさそうだ

戯言屋:
 Q:天領からNWに侵攻する場合の、迷宮出現箇所は?

芝村:
 A:ない

戯言屋:
 f:今までの質疑=敵は迷宮を侵攻ルートで使わない

芝村:
 通らない

戯言屋:
 む。まあ、とりあえずデータをネットを通じてテラの藩国に送信しますー
 テラの各藩国に。

芝村:
 はい。送りました

戯言屋:
 「よし」
 「お待たせしました。じゃあ、次いきましょうー」

戯言屋:
 過去の新聞などで、黒麒麟藩国の研究所あたりで不正や怪しい噂などを探しますー

芝村:
 死ぬほど出てくるよ

戯言屋:
 検索かけます。人体実験、とか。
 え? それは怪しい噂とか事件が、もうたくさんあるということですか?

芝村:
 ええ。有名だよ

戯言屋:
 「ふん……? 二人とも、どう思います?」
 「なんというか、あっさり情報が入ってどうなのかなー、と思うんですが。
  これで事件を止められると思いますか?」

桜子:
 「なんというか」
 「事件はとまらないでしょうね」


戯言屋:
 「ふむ。何故ですか? 相手が悪い感じですから、
  これを材料にうまくいくかなー、とか考えているんですが」

桜子:
 「まあ、そこは有名なんで。そもそも余り問題にならないかと」


戯言屋:
 とりあえず、この情報を同じようにテラに送信します。ただし国民に知られると
 それはそれで戦争ムードかもなので、藩国の首脳部のみに送信します。

芝村:
 はい

戯言屋:
 r:この情報は、ログを公開しても設定国民には読みとれないようにします。

芝村:
 はい

戯言屋:
 「なら、なぜ事件は止まらないんですか?」

桜子:
 「国家がやってることです」
 「個人が人殺せば殺人ですけど、国がやれば違うでしょ?」


戯言屋:
 「つまり、もう問題は人体実験とかでなく、
  国が動かしてる施設でそういうのやってた時点で、すでに問題だということですか?」

桜子:
 「法的には」


戯言屋:
 「ということは、客観的に見ると、今回でピンチなのは黒麒麟ということになりませんか?」
 「で……それを利用して、さっきの狙撃兵みたいに、戦争を起こしたい国がある。こうですか?」

桜子:
 「マッドはどこにでもいますし、ほじくればどこからでも出ます。蟲だってそう」


戯言屋:
 「ああ、そんなに黒麒麟としては問題にならないんですね」

桜子:
 「その論法でいけば、それこそakiharuとかがきますよ」


戯言屋:
 「ふむふむ。ただ今回は、それを利用して、黒麒麟や他の国が戦争しようと動いている、と」

桜子:
 「どうでしょうか。でもまあ」
 「先に手を出したのはFEGです」


戯言屋:
 「ああ、そうなりますか。なるほど」

戯言屋:
 ついでに、テラを敵視してる藩国が天領でどれくらいあるか、新聞などから調べてみますー
 特にビッグセブンあたりで。最新の情報というか。

芝村:
 300くらいかな

戯言屋:
 えーと。共和国天領限定で。

芝村:
 だから300だ

戯言屋:
 わーい、嫌われてるなあ(涙)

戯言屋:
 「さて、そろそろ時間ですね。とりあえず今回の事件について、二人からそれぞれコメントなど貰えますか?」
 「まあその、八重咲さん達から見た、現在のゲームに対するコメントとか欲しいかなー、と思いましたので」

桜子:
 「デートか仕事か、はっきりしたほうが女性的にいいと思います」


七海:
 「あははは」


/*/

芝村 の発言:
 はい。お疲れ様でした

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 お疲れ様でしたー
 って、一応デートの続きだったんですか、2時間目(笑)

芝村 の発言:
 さてねえ

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 ふむふむ。了解ですー
 ……うーん。あんまり上手いゲームできなかった感じが。とほほー

芝村 の発言:
 (笑)

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 あれ。よく考えると、1時間目のあれはデートに入るのだろーか。
 ライブラリのデートの項目にバグがあると思いますー!(笑)

芝村 の発言:
 まあ、小学生にデートチケットつかったらそら警戒するよ

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 あ、そういうものなんですか(笑) なるほどー
 ちなみに、ゲーム始める前の、「かしこい」って、何がかしこかったんですか?

芝村 の発言:
 いや。20マイルで2時間プレイはかしこいなあと

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 しかし、呼ぶ相手で失敗していたという(笑)

芝村 の発言:
 ははは

芝村 の発言:
 評価変動は+1+1でした

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 お。凄い。上がった。

芝村 の発言:
 秘宝館には1・1で依頼出来ます。では解散しましょう。
 お疲れ様でした。

戯言屋@フィーブル藩国 の発言:
 お疲れ様でしたー ではー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
デートと仕事、遊園地と図書館 フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる