フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS 議会体制のルール

<<   作成日時 : 2008/06/23 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

L:完全議会体制 ={
 t:藩王権限の譲渡={
  *議会体制はフィーブル藩王が持つ、全ての権限及び義務、責任を華族2名に委任するものである。
  *ただし、これには自由号に関する全ての権利は含まれない(要するに永久凍結)。
  *ただし、権限の返却権については、フィーブル藩王がこれを行使できる。
 }

 t:国民議会の採決={
  *国民議会の議席数は、その時の実動人数(ほぼ毎日メッセンジャーで連絡が可能な人数)で決定され、構成される。
  *ただし、この議席数に華族の人数は含まれない。
  *国民議会での議題は、その議席数の過半数以上の指示を得た場合、可決される。
  *国民議会での決定は華族1名の決定とほぼ等価の権限を持つ。
  *華族2名の意見が合わない際は、国民議会の決議を持って、議題の対処は決定される。
 }

 t:華族の任命={
  *華族は常時2名選出する。
  *華族はアイドレスルールに準じる華族ではなく、藩国内での決定に従う。
  *これは資金・活動時間的な問題からルールに準じた処理が行えない可能性を考慮したものである。
  *実際の発言はルール上の華族にしかできないが、これは自由意志で権限を行使できるものとはしない。
  *華族の任命は、国民議会の承認を持って行われる。
 }

 t:不信任案の提出={
  *国民は何時如何なる状況でも、華族の不信任案を提出する権利を持つ。
  *これの提出があった際は、速やかに不信任決議を行わねばならず、華族はこの決定を受け入れねばならない。
  *不信任案決議は国民議会の可決を持って行われる。
  *不信任案決議に華族は出席する責任が無く、また発言権も持たない。
 }

 t:藩国HPの管理={
  *藩国HPの管理義務は華族2名が持つ。
  *ただし、実作業については、これを本人の了承を得た上で藩国民へ委託する事が出来る。
 }

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
議会体制のルール フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる