フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS 共和国環状線/フィーブル駅

<<   作成日時 : 2008/07/27 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



L:駅ビル(フィーブル) = {
 t:名称 = 駅ビル(フィーブル)(施設)
 t:要点 = 猫,駅ビル,デパート
 t:周辺環境 = 共和国環状線
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *駅ビルの施設カテゴリ = 国家施設として扱う。
  *駅ビルの位置づけ = 輸送施設として扱う。
  *駅ビルの特殊 = 共和国環状線に参加することを示す。
  *駅ビルの特殊2 = 有事の際、避難場所として機能する。
 }
 t:→次のアイドレス = 戯言屋人気(強制イベント),帰還民の急増(イベント)




【列車運用】
 フィーブル藩国は西国である為、地上を走ってしまうと砂塵が入り列車が傷みやすくなってしまいます。その為、地下鉄道として運用することになりました。

 強化透明チューブ型線路など、地上を走行させる案もありましたが、今までに何度となくターゲットとなったこともありますので乗客の安全を考え、地下鉄道としました。

 地下鉄道となったことでデメリットもありましたが、いくつかのメリットも生じました。

1.内壁を使った宣伝費用による収入
 列車に乗る場合、外の景色を見て過ごす人も多いでしょう。しかし、地下鉄道での内壁は代わり映えのしないつまらないものです。

 フィーブル藩国内の環状線ではこの内壁にモニターを取り付け、それぞれのモニターに映る映像の進行をずらすことによって地下鉄道に乗りながら、映像を見られるようにしました。

 放送内容は主に共和国内のニュース&フィーブル藩国の観光地紹介などですが、コマーシャル枠も設けて枠を買い取ってもらうことで藩国収入の足しとしています。

2.避難場所としての利用
 地下鉄道になったそもそもの理由が、攻撃のターゲットになった過去によるものです。その為に地下鉄道の各所には緊急時の為のシェルターを設けてあります。

 また、攻撃が長期に渡る場合も想定し、大人数が収容できるフィーブルアイランドに繋がる避難路もあります。

【駅施設】
■司令塔
 駅及び司令塔はフィーブル藩国環状街道の東、海岸線に面した場所に建設されました。朝焼け時の太陽と建物と海のコラボレーションは美しく、絵はがきになるほどです。

(1)司令室
フィーブル藩国内での列車運用を管理し、他国への連絡・情報共有も行います。サイハッカーや電子妖精efによる情報解析と計算は得意分野である為、今回の施設で最も力が注がれた施設です。

 あまりに力が入っている事と司令室を含めた建物の形が妙である為、いざと言う時は変形して大列車になるのではないかなどという噂がささやかれたほどです。

 変形云々はともかく、現状フィーブル駅司令塔は藩国内最長の建物であり、最上階の司令室からは360度藩国内を見渡すことができます。有事の際は、見張り塔としての役割も期待されています。

 司令室職員の教育には「時は金なり」をモットーに、ダイヤに狂いが生じた際には、最速のダイヤ復旧を目指し事前訓練を繰り返しました。おかげで「夢の中にまでダイヤグラムが出てくる」とこぼす者が居たとか、居ないとか。

 彼ら司令室職員には特別なパスが与えられており、そのパスがなければ司令室への入室及び司令室の階にエレベーターが止まることはありません。

(2)鉄道警備隊詰め所
 有事の際の犯人逮捕や、避難誘導を行う鉄道警備隊の詰め所があります。殺傷用の装備はありません。また、私服の警備隊員も駅構内をパトロールして、皆が平穏に楽しめるように日夜頑張っています。

(3)駅構内から改札近くの施設
 観光案内所や御土産物屋、駅弁販売施設があります。

 西国で暑い為、駅構内や改札口を出てすぐの店内では藩国名産のルーディス麦を使った喉越しがたまらないルーディスビールや、太陽の光をたっぷり浴びたレモンを刻んで沢山入れたアイスレモンティーが飛ぶように売れます。駅関連施設内での一番の売り上げはこの辺りだとか。

 観光案内所では藩国の観光名所案内をはじめ、ホテルの空き状況も調べられます。

(4)デパート
 司令室より下の階層は、様々な商業施設の入ったデパート階層となっております。ファッション、食事、日用品、家具、お土産など様々なものを扱っています。大きな買い物をしてしまった人の為の直送サービスもしています。

 【駅前】
 ロータリーとなっており、フィーブル各地へ向かうフィーブル藩国営バスの停留所があります。急ぐ方はタクシーをどうぞ。皆様を快適に送迎します。

周辺施設へのアクセス時間は下記の通りです。
臨海タワー:徒歩3分
ホテルフィーブル:徒歩5分
中心地区:徒歩15分(バス5分)


 また、広場には循環型の噴水があり、砂漠の国にあって涼を求める人々の心を潤しています。巷では噴水から20歩歩き、噴水に背を向けてコインを投げ入れて入ると幸せになると言う噂があります。その為、特に正式名称はなかったのですが、今では「幸せの泉」とも呼ばれるようになっています。

 特に若者がコイン投げを行うのですが、無関係の人に当たりトラブルが続発した為、現在では挑戦前に「幸せになるぞー!」という声を上げることがマナーとして確立されました。

【臨海タワー】
 こちらにも商業施設が入っていますが、司令塔のものよりもカジュアルでお求め安い価格の商品を取り揃えています。若者向けや家族連れはこちらに来る傾向があります。 
 
 また、フィーブルホテルにはサービス面で劣りますが、リーズナブルな宿泊施設があり朝焼けや夕焼け目当ての観光客の宿泊地となっています。1にゃんにゃんで使用できる望遠鏡で藩国内を見回すのも良いでしょう。


【開通祝い】
http://feebleclan.at.webry.info/200807/article_4.html

 駅の開通祝いとして、ケーキ作りコンテストが行われました。珍種・名品が作られ、皆の目と舌を楽しませました。



【共和国環状線御当地スタンプ】
画像

稲穂、フィーブル駅、海に沈む夕日を象ったスタンプ。



<イラスト>
フィーブル
<文章>
久織えにる
刻生・F・悠也

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
共和国環状線/フィーブル駅 フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる