フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS EV145 フィーブル藩国 提出ページ

<<   作成日時 : 2009/06/07 21:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 このページは、電網適応アイドレス、ターン14のEV145に対する提出ページです。
 また、現在フィーブル藩国はMCSより広報官の派遣を行っています。

/*/

 フィーブル藩国政府から、国民の皆様にお知らせです。
 夢の剣の被害によって、共和国の多くの藩国が深く傷つき、その再生のために現在、各藩国が尽力していることは、ご存知の方も多いかと思われます。幸いにもフィーブル藩国は、この脅威からの直接的な被害を免れることが出来ましたが、しかし共和国では、あまりにも多くの人々が亡くなりました。その後の黒い塊の発生なども含めて、そこから立ち上がろうとしている共和国の活動に、同じ共和国の藩国のひとつとして、フィーブル藩国も参加していきたいと考えています。そこで今回、政策として、隣国であるキノウツン藩国への支援政策を発表します。


<キノウツン藩国への支援政策>

 キノウツン藩国は、過去のムラマサの暴走や黒い塊の出現など、国民の心に過去の事件の恐怖が残っており、そこから再び立ち上がるために合同慰霊祭を行うとのことです。隣国で起きた悲劇に対して、フィーブル藩国も同じ北海島の住人として心から悼みつつ、この合同慰霊祭にタイミングを合わせる形で、キノウツン藩国の国民の方々を助けられないかと考えています。具体的には、藩国間での情報の交流の場を設けて、夢の剣の影響によって人口が減ってしまったキノウツン藩国に、人材の派遣などを行うというものです。今回の人材派遣についてはキノウツン藩国政府側にも連絡が行われており、キノウツン藩国を助けることで二国間の結びつきは強くなるかと思われます。それは最終的にフィーブル藩国を、そして北海島の平和を守ることにもなるでしょう。

 この人材派遣の募集は、職業斡旋所を通して行われます。
 人材には、話術や交渉力の高い方、労働経験のある方や、フィーブル藩国とキノウツン藩国の歴史に詳しい方などが求められるかと思います。キノウツン藩国でどのような仕事が求められるかは分かりませんし、もしかしたら必要ないと言われる可能性もあるかも知れません。どちらにせよ、この仕事はフィーブル藩国を代表する形にもなるため、キノウツン藩国の方々に失礼がないようお気を付け下さい。二国間の関係を悪化させるような言動や行動は慎むようお願いします。人材派遣の期間については、キノウツン藩国の政府の方々と相談の上で決定して、内容によっては派遣人員の定期的な交代、増員なども許可します。最終的に、キノウツン藩国の国民の方々が立ち上がり、笑顔が戻ればこの仕事は終わりになるでしょう。もちろんキノウツン藩国政府の方々も復興に向けて尽力していますので、何かあった際にはキノウツン藩国の方々の顔を立てるよう、謙虚な精神で今回の交流と人材派遣に臨んで下さい。

 本当に僅かながら、フィーブル藩国政府より今回の人材派遣とキノウツン藩国に対する支援として、資金2億と食糧1万tを送ります。資金2億については、今回の人材派遣に参加する方々への給金などで消費する以外は、キノウツン藩国の復興などに使うようにして下さい。具体的な使用方法などはキノウツン藩国政府の方々と相談するのがいいかと思われます。よろしくお願いします。

 なお、キノウツン藩国では、国内で騒いでいる不思議な方々がいるかも知れません。
 その方々は、一見して変だったりおかしかったり不良だったりするように見えるかも知れませんが、実はそれは、最近キノウツン藩国にあの孔明先生が訪れて、恐怖で心に影が差してしまったキノウツン藩国の国民の方々の、その心の影を追い払う策が伝授されたものであるとのことです。決して馬鹿にしたりはせず、話を聞いてみて協力できそうなら協力してもいいかも知れませんし、そうでなければ影ながら見守るよう、どうかよろしくお願いします。

 過去、フィーブル藩国とキノウツン藩国の関係は、あまり良いものではなかったかも知れませんが、いつまでもそのままでいいということはありません。今回の支援政策は、そうした現状を改善するいいきっかけになるのではないかとフィーブル藩国政府は考えています。同じ北海島の住人として、そして共和国の一員として、今こそ我々が助け合うことが出来るということを証明しましょう。フィーブル藩国の国民の皆様の、御理解と御協力を、よろしくお願いします。

 6月9日 フィーブル藩国政府
 文章:戯言屋
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

EV145 フィーブル藩国 提出ページ フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる