フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS 政策20101108 テロに対する警戒について

<<   作成日時 : 2010/11/09 01:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 この政策ページは、ターン16の11月8日、フィーブル藩国の国民に向けて発表されるものです。

<資金の消費について>
・質疑掲示板根拠URL:独自判断
・16:資金-1

/*/

 フィーブル藩国政府からのお知らせです。
 最近、ニューワールドで共和国や帝国を問わず、人命を脅かすテロ事件が続発しています。敵のテロ行為によって、大切な人々の生活や生命が奪われることは、なんとしても避けなければいけません。これらに対して、フィーブル藩国政府は、以下の内容を発表します。敵の動きは予測しづらく、非常に悪辣ですが、共和国は現在、総力をあげてテロリストの検挙に全力を尽くしています。どうか国民の皆様の、御理解と御協力を、よろしくお願いします。


<警察機関の巡回の強化>

 国民の安全のために、警察機関による巡回を強化して下さい。
 最近の敵は、主にテロ行為を基本として活動しています。住宅街や公園や学校、王城や政庁や病院といった主要施設などに対して、巡回を多く行って下さい。また、敵の部隊による侵攻も予測しなければいけません。フィーブル藩国の外部に繋がる北東、北西、南西や、海からの侵攻なども警戒して下さい。これらの警戒については、巡回ロボットや後述する監視カメラなどを利用しつつ警戒を行って下さい。王城のある羊野丘が高所となっているため、羊野丘に高台を作るなどして、警戒を行っても構いません。


<国民の皆様への注意>

 以下は、簡単な注意事項のガイドラインです。
不自由な思いをさせてしまう事もあるかもしれませんが、国民の皆様の御理解と御協力を、よろしくお願いします。

・暗い夜道を一人で歩くなどは避けてください。なるべく夕方までには帰宅すること。
・挙動不審な人や、怪しい落し物、ゴミなどを見つけたら、すぐに最寄の警察機関や政府職員へ連絡してください。
・万が一、事件などに巻き込まれてしまった場合、落ち着いた行動を心がけ、警察機関や政府職員の誘導に従ってください。


<各区域での避難経路の確認と把握>

 フィーブル藩国の住宅区や農業区などで、それぞれ話し合いを行い、有事の際の避難所までの移動経路の把握を行って下さい。各区域ごとに移動経路について把握が出来ましたら、内容をまとめて警察機関まで提出を行うこと。警察機関は提出された移動経路についての内容を把握し、調整が必要であればそれを行い、その後、警察機関とそれぞれの各区域ごとの代表で集まって、最終的な移動経路についての確認や、避難の際の注意事項などについての話し合いを行って下さい。決定した内容については、各区域ごとに責任をもって連絡を行うこと。これらについてはオペレート能力を持った国民や、警察機関で協力して行って下さい。こうすることで、効率的な避難行動が行えるようになります。


<防犯用の監視カメラの設置>

 フィーブル藩国政府より資金1億を消費して、防犯用の監視カメラを購入し、王城、政庁、病院、他国との入口となる駅や空港など、藩国内の主要施設や、人通りが多い場所を中心に、監視カメラの設置を行います。これらは不審な人物や事件後の犯人の追跡が行いやすくなると同時に、巡回ロボットと同様、監視カメラがあることで犯行の発生自体を抑止するものです。なお、監視カメラの映像については必ず記録し、保存するようにして下さい。記録の持ち出しや閲覧についても、必ずその人物の情報や日時について記録を行うこと。この監視カメラの管理などは、フィーブル藩国部隊および、警察組織が行えるものとします。また、監視カメラが得た情報については、基本的に保存されますが一般的な公開などはされません。これはフィーブル藩国の国民のプライバシーを守るためであり、情報の無断漏洩や改竄などは禁止します。

/*/

 11月8日 フィーブル藩国政府
 文章:戯言屋(摂政) 高位西国人+手品師+摂政+ホープ+星見司2+互尊C

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

政策20101108 テロに対する警戒について フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる