フィーブル藩国 国立図書館

アクセスカウンタ

zoom RSS T16と私(刻生・F・悠也)

<<   作成日時 : 2011/01/08 18:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 全国に暴動が起こって。好きな人が亡くなって。まず、お前らの遠ーい、遠いじいちゃん、ばーちゃん達を恨んだよ。
自分が不幸になった時は、自分以外が悪いって考える方が楽だから。でも、自分が切っ掛けを作ったのも分ってた
しね。自分の迂闊さも責めた。そして、どっちを責めるのも止めた。

 周りは、そうさな。元気づけようとする人、「君は悪くないよ」って言う人。色々、居たよ。そういうのはすごく支えに
なった。だから、お前らも誰か困っている人が居たら、声をかけてやれよ。知っている知らないに関わらず、誰にでも、だ。

 そして、彼女とはまた会える可能性があると知った。でも今の自分じゃ、同じことを繰り返しちまうと思ってな。軍人と
して出撃する以外は、本を読んだりしてたとさ。はい、終了。

 えー、そろそろ帰る時間だろうに。親御さんに怒られるのは、俺なんだけど。じゃ、ちょっとだけな。

 さてと、俺が学んだことは「許すこと」「受け入れること」だったんだよ。簡単に言えば、自分以外のすべてを愛することだな。まず、自分が相手を受け入れる。そこからすべてが始まるってね。

 だから、ブータ先生やイイコちゃん、亡くなられた国民たちに謝り、自分の罪を背負うことから始めた。いや、違うな。
この時点では背負うという意思表示をしたってだけだな。謝罪だけでまだ何もしちゃいないんだから。………というかさ、
こんなん聞いて面白いの?

 あっそ。まぁ、それなら。さて、始めようとした時に自分の居る世界でごたごたがあって、しばらくこっちに来れなくてね。再び来れた時に坂神様に会って、さまよっていた彼女の魂を輪廻の輪に戻し、生まれ変われるようにできたんだ。そうそう、王宮に続く坂道の端に祀られている神様な。

 んで、戻ってきた時に開始したのが、藩国のことをもっとよく知ろうとしたんだ。彼女がもし、俺の傍に居てくれることを望むなら、彼女が過ごしやすい世界にしたいって思ってね。でも調べたら、黒髪への恨みがあるって聞いてな。こりゃ、まずいと。他にも改善すべきことはあってなぁ。当時は頭を抱えてたよ。

 でも、出来ることをやっていくしかないからさ。状況を知り、原因や様々な意見を聞き、対応していった。俺以外の
みんなの頑張りも含めて、その結果が今のフィーブル藩国であり、今の共和国であり、今のNWって訳さね。

 ん、彼女とどうなって今みたいになったか? ませてんなー。それはまた明日。さ、今日は帰りな。

 1000文字

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

T16と私(刻生・F・悠也) フィーブル藩国 国立図書館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる