アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「フリー」のブログ記事

みんなの「フリー」ブログ

タイトル 日 時
這いよる終焉、託された想い
 フィーブル王城の片隅にテラスがある。  西国の強い日差しを遮るが、かと言ってジメジメもしない計算された位置に設置されたテーブル、季節の花が植えられた色彩豊かな花壇、蔓草の這う緑の城壁。規模はこじんまりしているが、立派なテラスと言って差し支えない代物である。  だが、ここに来る者は普通いない。外来の者はそもそも入ってこれないし、かと言って自由に立ち入りが許可されている城内の者でも中庭があるため、普段はこんな隅っこまで足を運ばないからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/11 22:15
Good night,sweet dreams.(下)
Good night,sweet dreams.(上)から続き ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/12 03:27
Good night,sweet dreams. (上)
“本気ですか” “本気もホンキ、マジでもときよ” “なんだ冗談なんですね” ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/12 02:59
外伝最終回:薄明の復活、夕闇の終焉
 ざぁざぁと潮騒の音が静かに響く。  波間に輝く燃える様な夕日の照り返しが眩しい。  徐々に夕闇が降り、夜が近づいている。  ロマンチックな風景だったが、それは気の持ちようによっては人を郷愁の念にも誘う。それはきっと夕日が刹那に輝く……そう、日本的な感性で言えば、花火の様でいて静かで、桜の様だが更に派手で短い命のものと言えるからだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/01 15:34
外伝:舞台裏、薄光の心
 大凡殆どの人々が眠りに就く深夜、他に光源の無い室内を一基のモニターが照らしていた。ここはフィーブル重機の開発室である。狭い部屋なので、少々頼りない、そもそも用途が違う光源でも部屋を見渡す事はできた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/08 03:12
外伝:激闘、遊闇と夕闇
 ここはフィーブル藩国の(以下略)倉庫である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/03 14:29
完成!?IR!?レスキューI=L・ゼファー!!
「お嬢、遂に完成しましたな」 「ええ……1年があっという間でしたね」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/03/02 04:44
作ります!?夢のマシン!?フィーブル重機!
 <フィーブル>と言う名がある。  人によっては、それはブランドの名であったり、魔術の名であったり、作品の名であったり、人の名であったりする。  だが、一部の者はこう応えるはずだ。国の名であると。  それは藩王がダメダメだったり、国民数が少なかったり、常に金欠だったりといった様々な理由で常に滅亡の危機に瀕している万年WCOの国の名前である。今にも消えそうなほど弱々しいという様な意味を持つ名である為、ある意味名前通りではあるのだが、内的要因より外的要因で消えそうな気がしないでもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/08 19:22
たそがれの空、猫と傭兵
「圧倒的な力で支配者を廃し、自由と平等を謳う国を作り上げた、イレギュラーと呼ばれる名無しの傭兵の話を知ってる?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/16 01:29
終わりの終わり、始まりの始まり
 今日も何でもない日々が過ぎていく。変わらない世界。変わらない風景。  だが、それは誰かから聞いたものであっても、何でも決めているのは自らの心なのだ。認識なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/30 21:47
【完全でなき者】の話
 それは普段日常という光の中に紛れて霞み、悲しみという闇が迫ったその時に朧に浮かび上がる無垢なる心。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 20:32
昼下がりのテラス、薄闇と輝き
 ボン! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/21 20:03
光、その胸に
◆82208002:小笠原ゲーム抜粋 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/29 00:18
消えるもの、残るもの
 進む。  闇の中を。  果てしなく続く闇の中を。  上下も左右も前後も分からない闇の中を。  既に入口の位置は愚か、現在地すらも分からない。  だが、ここではそんな概念は意味を持たないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/28 02:38
悪夢、囁く
 ……ィア、わたしリ………って言うんだ。よ…くね! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/17 01:17
自由と猫と、あと2がつ14にち
“2月14日はバレンタインデー” ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/16 07:42
出張コラム:フィーブル観光記ってどうなのよ
 出張コラムって何書けば……  えー、徒然に当時のことを振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/31 02:42
ある日、君は木の上で
“どうして木の上が好きなの” “んー……。蟻とか、いないから?”   ―世界が失望した受け答え百選― ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/30 01:05
What a にゃんだふる life.
“こんなコラムはありなんですか” “面白ければ、大いに”   ―夢の中では希望的観測、処方を間違えた決戦猫@華族― ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/28 17:47
捨て猫になった少女
“この作品はフィクションよ。実在の人物、団体、事件とかにはいっさい関係ないから勘違いしないでよねっ!”   ―薄っぺらいツンデレ反応。しかもデレがない― ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/24 22:03
幸運をよぶオーロラのおはなし
幸運をよぶオーロラのおはなし  それはもう記憶も曖昧になる様な昔。  今でも泣き虫なフィーブルはもっと泣き虫でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/19 06:34
オーマ講座
   敵を知り、己を知らば、百戦危うからずと孫子の兵法の有名な一説があります。今日は、私達の前に立ち塞がるオーマについて勉強してみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/21 23:35
指揮官にゅーもんしょ
 かいたひと:久織えにる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 02:36
燃えろ!俺の私の黒曜コンテストゥ!!(絵:久織えにる)
燃えろ!俺の私の黒曜コンテストゥ!!(絵:久織えにる) ・エントリー用 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/21 19:35
灰色の空・生まれる希望
 それはまばゆいほどの閃光だった。FVBの上空をまばゆい光が覆い、灰が空を埋め尽くす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/20 22:43
???
 それはとても悲しい夜のでき事だった。  誤解から生じた擦れ違いであったか、はたまた必然による衝突が早まっただけだったかは解らない。  ただ、理由はどうあれ、敵も味方も傷つき、ニューワールドから、広島という地名が消滅したのだ。わんわん帝國のFVBを犯した毒もそう簡単に消せるものではないだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/16 03:51
What is the prospect dream?
「ふふふふふふふ・・・」 とても不思議な笑い声が聞こえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/05/03 08:31
答案と書いて“紙切れ”と読む
各解答はver0.7を基準にしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/22 00:20
戦闘回避(歩兵)
 「ちっ、来たかッ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/18 12:38
きゅうりお化けとねこのとりこ 後編
/*/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/03/03 22:40
きゅうりお化けとねこのとりこ 前編
 観光の定義は人様々である。  あなたが猫の国に足を踏み入れたならば、もはや冒険その他と区別がない。 (百科事典、通称「ももか」さんより抜粋) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/03/03 22:31
アメショーと踊る日 第一話「新しい一歩」
 ある晴れた日の早朝。政庁の藩王執務室の室内には、藩王フィーブルと刻生・F・悠也、そして王猫パーカーの姿があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/12 02:23

トップへ | みんなの「フリー」ブログ

フィーブル藩国 国立図書館 フリーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる