義勇猫士の帰還(未完成です)

 フィーブル藩国には1猫の英雄猫士が居た。
 書類上は何の事もない唯の猫士で、実際腕が良かった訳でも無かったが、彼は確かに勇者だったのだ。

………


「随分と長い間居座ってしまいました。申し訳ありません。」

 リンクゲートの前に1猫の猫士と数人の人間、猫士の姿があった。今は無き劉輝国の猫士とそれを見送る人々である。
 劉輝国の猫士は天領へ帰る事になっている。
 ニューワールドに世界移動した際、劉輝国の猫士には天領への帰還命令が出ていたのだが、世界移動のごたごたで情報伝達がうまくいかず数週間前の財政大整備事業で明らかになったからだ。

「ずっと居てくれると思ってたのに…」

 フィーブルはしょんぼりと床を見つめながらそう言った。
 彼は殊更『別れ』というものに関して敏感だった。

文:フィーブル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0