テーマ:リレーSS

リレーSS/第6回

「困った」 何に困ったかと言われればたった今、目を通した3枚の書類に、だ。 大吏族チェック・法官補出仕・黄金戦争開幕と大忙しだった赤松がやっと自分の部屋で一息ついていたときであった。 テーブルの上に無造作に置かれていた1通の封筒が目に留まったのだ。 そう前回、珍しくぽるぼーらさんの家に招待されたときに渡されたあの封筒であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リレーSS/第5回

 今日のフィーブル藩国は休日。天気もよく、国民の大半は休日をエンジョイしていた。おなじみの街角の軽食店でも多くの人や猫が集まり、楽しい会話に花を咲かせていた。 「…………」 ……ただ一人、ぽるぼーらを除いて。 ぽるぼーらは「日替わりランチ」と一言マスターに言ったきり、ずっとむっすりした顔で黙っている。ぽるぼーらは基本的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リレーSS/第4回

「次からは本当に気をつけてくださいよ?ちゃんと考えて行動するように!」 政庁の廊下。前には正座をしたスピーカーがいた。 「はい~、気をつけます。ごめんなさい~」 もう正座を始めて1時間は過ぎた。もう座っているだけで辛そうだ。 「分かってもらえれば良いんです。まったく、肝が冷えました。  では、今日はもう日も落ちてきたし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リレーSS/第3回

「う~ん。『涼しい』って感じてもらうのに、どんな方法が良いかな~。」 ギンギンに照りつける黄色い太陽の下、商店街の建物の影を、けんけんぱするように飛び移りながら、スピーカーは呟いた。 数時間前、海辺で遭遇した真っ黒メガネ華族の戯言屋から、【納涼計画】と銘打たれた書類を、ちょっとした取引を経て、受け取ったのである。 (やりますっ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

資料:戯言屋が作った三枚の書類(070201)

○はじめに(1ページ目) 1:この書類を読み始めた者は、この書類を破ったり捨てたり見なかったことにしてはいけません。   もしそのような行為におよんだ場合、恐ろしい罰が行われます。御注意下さい。 2:この書類を読み始めた者は、藩国の定めた納涼計画に参加しなくてはいけません。   もし納涼計画に参加しなかった場合、恐ろしい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

リレーSS/第2回

 ……しまった、これは罠だ!  執務室に入った直後、反射的に戯言屋はそう思っていた。  厄介事の気配を感じながら、とりあえず笑顔で対応してみる。 「ええと。どうなされました、藩王殿?」 「暑い……すごく暑いです……このままじゃお仕事できませんよー」 「はあ。わかりました。では少しお待ち下さいませ」  退室する戯言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

リレーSS/第1回

● フィーブルくんの憂鬱 ●  それなりに広い四角い部屋…中心には、部屋のサイズに合わせてか、中途半端に大き目の机があり、書類やら何やらが積まれている。その後ろの壁には大きめの窓があり、外には地平線に沿って丸みを帯びた海が何処までも広がっている。耳を澄ませば、波の音が聴こえてきそうだ。  という訳で、ここはフィーブル王城にある藩…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

リレーSSのルール

ストーリー進行など、基本的に制限はありません。自由気ままに書いてよいと思います。 ただ、リレーSSであるため、その点だけは少し考慮しないとリレーにならないので… 1、ストーリーを前回からつなげる 2、シーンを前回からつなげる のどちらかはクリアするように御願いします。 また、次に書く人をコメント欄か、もしくは本文中…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more