テーマ:フリー

這いよる終焉、託された想い

 フィーブル王城の片隅にテラスがある。  西国の強い日差しを遮るが、かと言ってジメジメもしない計算された位置に設置されたテーブル、季節の花が植えられた色彩豊かな花壇、蔓草の這う緑の城壁。規模はこじんまりしているが、立派なテラスと言って差し支えない代物である。  だが、ここに来る者は普通いない。外来の者はそもそも入ってこれないし、かと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Good night,sweet dreams.(下)

Good night,sweet dreams.(上)から続き 「……セブンスフリーにはセプテントリオンがついてたんですよ。知ってました?」  声とともに、通路の闇に黒髪の少女が現れる。  ソマリよりずっと背が高い。だがソマリは小学校低学年と間違われるくらいなので比較対象としての物差しにはならない。体つきから学生だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Good night,sweet dreams. (上)

“本気ですか” “本気もホンキ、マジでもときよ” “なんだ冗談なんですね”    ―摂政AとBの会話。仰天するまで5秒前― /*/  噂――あるいは、都市伝説。 /*/  夢を食べる生き物がいる。  空想上の生き物で、ロボット獏のモデルになったものだと――戯れで立ち寄った、図書館での読…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

外伝最終回:薄明の復活、夕闇の終焉

 ざぁざぁと潮騒の音が静かに響く。  波間に輝く燃える様な夕日の照り返しが眩しい。  徐々に夕闇が降り、夜が近づいている。  ロマンチックな風景だったが、それは気の持ちようによっては人を郷愁の念にも誘う。それはきっと夕日が刹那に輝く……そう、日本的な感性で言えば、花火の様でいて静かで、桜の様だが更に派手で短い命のものと言えるからだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外伝:舞台裏、薄光の心

 大凡殆どの人々が眠りに就く深夜、他に光源の無い室内を一基のモニターが照らしていた。ここはフィーブル重機の開発室である。狭い部屋なので、少々頼りない、そもそも用途が違う光源でも部屋を見渡す事はできた。 「で、どう?」  音も無く燃える瞳の傭兵が部屋に入ってきた。手に持った御盆のカップからは、ティーバッグの糸が垂れている。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

外伝:激闘、遊闇と夕闇

 ここはフィーブル藩国の(以下略)倉庫である。 「確かここだったよね、パーカー」 「ええ、間違いありません、フィーブル様。ソフトが異常でなければ」  開け放たれた入口の前に燃える瞳の傭兵と片眼鏡をかけたネコが立っていた。 「うぉーい!? 何日またせるんだよ! いい加減過労死するぞ、俺!」  突撃行軍歌斉唱な感じ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

完成!?IR!?レスキューI=L・ゼファー!!

「お嬢、遂に完成しましたな」 「ええ……1年があっという間でしたね」  ここはフィーブル藩国の端っこ、工業地帯にあるフィーブル重機の作業工場である。まあ、端っこと言っても、国が小さいので反対に行ってもそれほどの距離では無い。  雑多で壁中に何かが置かれており、必要なものが必要な時に見つかるか怪しい感じである。 「で、この…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

作ります!?夢のマシン!?フィーブル重機!

 <フィーブル>と言う名がある。  人によっては、それはブランドの名であったり、魔術の名であったり、作品の名であったり、人の名であったりする。  だが、一部の者はこう応えるはずだ。国の名であると。  それは藩王がダメダメだったり、国民数が少なかったり、常に金欠だったりといった様々な理由で常に滅亡の危機に瀕している万年WCOの国の名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たそがれの空、猫と傭兵

「圧倒的な力で支配者を廃し、自由と平等を謳う国を作り上げた、イレギュラーと呼ばれる名無しの傭兵の話を知ってる?」  それは唐突にその一言から始まった。 「いえ、存じません。」  片眼鏡をかけた銀色の猫士。今は部屋と同じセピア色。  この国では、奴隷種族である猫士も、電子妖精も平等に扱う。「だからそれで?」そのあからさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わりの終わり、始まりの始まり

 今日も何でもない日々が過ぎていく。変わらない世界。変わらない風景。  だが、それは誰かから聞いたものであっても、何でも決めているのは自らの心なのだ。認識なのだ。  だから、こうだ。  今日はコンティニューの日だ。  今フィーブル藩国が…いや、正確には私がだが、一番頭を悩ませてる問題は国民についてだ。  暴徒が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【完全でなき者】の話

 それは普段日常という光の中に紛れて霞み、悲しみという闇が迫ったその時に朧に浮かび上がる無垢なる心。 ―それは勇気でなく、愛でなく、優しさでなく、まして力でもない。 ―そこに悲しみがある時、現れ出でる純白の力。悲しみを悲しむ心。 ―それの名を「正義」という。  正義とは「正しき義」の事。だが、この「正義」という言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼下がりのテラス、薄闇と輝き

 ボン! 「許せんな!」 「うわぉ!?」  何時に無く凄い勢いで開く部屋の扉。  ゆったりのんびりのこの国の、しかもフィーブルの部屋にそんな勢いで飛び込んでくる奴は国中狭しと言えど、一人しか居ない。 「え、あ、遊々? どうかしたの?」  居るのか居ないのか、何かしてるのかしてないのか、何とも微妙な元摂政である…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

光、その胸に

◆82208002:小笠原ゲーム抜粋 フィーブル@フィーブル藩国 : 「いえ、その…ボクに何が出来るかと…」 是空 : 「その場でできることをすればいい。  フィーブルはそれ、いままで無限にやってきたでしょw」 と、ひとりごとのように話し、素子を見て笑います。 フィーブル@フィーブル藩国 : 「…が、頑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えるもの、残るもの

 進む。  闇の中を。  果てしなく続く闇の中を。  上下も左右も前後も分からない闇の中を。  既に入口の位置は愚か、現在地すらも分からない。  だが、ここではそんな概念は意味を持たないのだ。  …『クリエイション・マトリクス』。  それは、ネタとも伏線とも取れる設定が点在するフィーブル藩国に置いて、少なくともフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪夢、囁く

 ……ィア、わたしリ………って言うんだ。よ…くね!  うん、よ…しく! /*/  こんな所にお店?  ペンション……ン…イン?  ペンションなんだ?  あれ? お客さんかな? 珍しい。  いらっしゃい。 /*/  マ…ター、こんにちは!  はい、こんにちは。  きの…の話の続きして、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自由と猫と、あと2がつ14にち

“2月14日はバレンタインデー” /*/  久織えにるは日付の概念が希薄な人物である。  その日、なんでも知ってる万能辞典を眺めながら久織えにるは、ほへーほへーと頷いていた。  2月14日は女神ユノの祝日ですか。へー、なるほどなるほど。  なんでも知ってる万能辞典はなんでも知ってるが故に世間の俗物的な風習をえにるに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

出張コラム:フィーブル観光記ってどうなのよ

 出張コラムって何書けば……  えー、徒然に当時のことを振り返ってみたいと思います。  フィーブル観光の企画が始まったのは初めての戦闘イベント直後でした。  共和国はニューワールドで初めての勝利を収め、その舞台となった(そして戦火からは免れた)フィーブル藩国を観光しましょうというのがこの企画の始まりであったように思います。設定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日、君は木の上で

“どうして木の上が好きなの” “んー……。蟻とか、いないから?”   ―世界が失望した受け答え百選― /*/  それは遠い未来かもしれないし、遥か過去のことかもしれない。  その人物にとって時間という概念はどうでも良いものであり、だから彼女は己の歳を数えるのをやめていた。  樹の枝の上でくつろぐ人影がある。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

What a にゃんだふる life.

“こんなコラムはありなんですか” “面白ければ、大いに”   ―夢の中では希望的観測、処方を間違えた決戦猫@華族― /*/ ・猫のすすめinフィーブル藩国  ドラッガーという職業があります。  これはつまりは薬剤師なのですが、言葉の響きからどうも薬をぶちゅっと打ってお花畑してたり暗い表情でぼーっとしている姿を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

捨て猫になった少女

“この作品はフィクションよ。実在の人物、団体、事件とかにはいっさい関係ないから勘違いしないでよねっ!”   ―薄っぺらいツンデレ反応。しかもデレがない― /*/  その少女は空が嫌いだった。  青かったり赤かったり灰色だったり黒かったりする空が嫌いだった。  表情を変える空の中でも特に、赤い空が嫌いだった。  鮮やか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸運をよぶオーロラのおはなし

 それはもう記憶も曖昧になる様な昔。  今でも泣き虫なフィーブルはもっと泣き虫でした。  父の、母の、暖かな温もりがもうなくなってしまったことを痛感するしかなくて、寂しくて、怖くて、置いていかれてしまった様な気がして、事在る毎に泣いていたのでした。  彼にだけは甘いパーカーでさえも、執務が忙しくて、一緒に居る事は多くあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オーマ講座

   敵を知り、己を知らば、百戦危うからずと孫子の兵法の有名な一説があります。今日は、私達の前に立ち塞がるオーマについて勉強してみましょう。  <Q.オーマやアラダって何?>  【オーマ】とは芝村さん曰く「体系化されたある種の学問、対話技術体系みたいなものであり、一つの文化、文明、思想、血縁、地縁でもある」そうです。集団、と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

指揮官にゅーもんしょ

 かいたひと:久織えにる /*/ 例題 ・評価値30の敵がいます。こいつをやっつけるにはいくらの評価値が必要でしょうか。  (+1で60%、+2で80%、+3で100%、+4で140%です) よくある解答パターン 1.RP、イラスト、作戦評価が○○くらいだから・・・XXくらい! 2.えー、わかりません・・・。状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃えろ!俺の私の黒曜コンテストゥ!!(絵:久織えにる)

・エントリー用 名称:NKiD-05?-QE アビシニアン“萌牙” 評価:フィーブル華族権限で非公開 特殊: *アビシニアン“萌牙”は式典用大型I=D、宇宙遊泳機、カスタム機として扱う。 *アビシニアン“萌牙”は中距離戦闘行為ができる・・・かもしれない。 *アビシニアン“萌牙”は遠距離戦闘行為ができる・・・かもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰色の空・生まれる希望

 それはまばゆいほどの閃光だった。FVBの上空をまばゆい光が覆い、灰が空を埋め尽くす。  それはある始まり。そして・・・。   /*/  FVBから帰還した刻生・F・悠也は浮かない顔をして、首都を貫く大路を歩いていた。見上げる空は死の灰に覆われ、昼間だというのに薄暗い。  帰国途中、TVでは空を覆いつくす灰の影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

???

 それはとても悲しい夜のでき事だった。  誤解から生じた擦れ違いであったか、はたまた必然による衝突が早まっただけだったかは解らない。  ただ、理由はどうあれ、敵も味方も傷つき、ニューワールドから、広島という地名が消滅したのだ。わんわん帝國のFVBを犯した毒もそう簡単に消せるものではないだろう。  とても悲しい夜だった。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

What is the prospect dream?

「ふふふふふふふ・・・」 とても不思議な笑い声が聞こえる。 「ふへへへへへへへへへ・・・」 まあ、自分で笑っているのだけど。 「ふにゃ~~~~~~~~~~」 あぁ、根室、時が見える・・・      =***= その瞬間意識が飛ぶ。 ぐるぐるぐるぐるぐる、と。 渦巻くように、ここではないどこかへ。 不思…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

答案と書いて“紙切れ”と読む

各解答はver0.7を基準にしています。 問1 アイドレス基礎(各5点)  以下に該当する個人着用アイドレス、組み合わせを述べなさい  a.4/12現在、共和国の中で一番高い医療能力を持つ個人着用アイドレス ・治療判定:(器用+知識)/2+α(特殊分) →森国人+医師+整備士+名医(玄霧藩国) {器用6+感覚4+…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦闘回避(歩兵)

 「ちっ、来たかッ」  敵の攻撃に一瞬の間。しかし、戦闘続きの身は自然と回避行動を取る。  「一時散開の後、ポイント2Kに集結!」  「了解!」  「あいよ~」  「にゃじゃった!」  部隊長の指揮に各自が応える。帝國ではあり得ない様な気の抜けようなの が、まさに共和国らしい。  しかし、それぞれの動きは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きゅうりお化けとねこのとりこ 後編

/*/  日も沈んだ頃。街角喫茶店店内。  差し出された珈琲をカップの中で回すようにしながら、カウンター席に座るサイ=コーデルフィアは口を開いた。 「なんで、えにるさんがそんな格好をしているのかな?」  店内では他に、赤松遠心が熱い緑茶をずずっとやってほっとした表情を浮かべている。   「これはその、バイト……で…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more